市民後見人とは

親族がいない認知症の高齢者らの成年後見人になる一般市民のことを、市民後見人 といいます。
判断能力が低下した本人に代わって、財産管理や法的な契約を行ってあげます。
家庭裁判所による選任を受ければ、市民後見人になることができます。



お問い合わせ

ページトップへ