活用術

成年後見制度は、判断能力が衰えてから具体的に利用することができる制度です。
しかし現在の判断能力に問題がなくとも、不安を感じている方々も多くおられると思います。
成年後見制度を中心とした色々な仕組みや制度を活用することにより、皆様の状況に応じた支援が可能になってきます。

活用術

「このままでいいのかな…?」と不安を感じたら成年後見制度の活用方法を調べてみましょう。
たとえば、知的障害の子を持つ一人暮らしの方は、どんな活用方法を行なえば良いのでしょう?

任意後見契約

あなたの将来に備えて「任意後見契約」を結びましょう。
もしも認知症などになってしまったら後見契約人があなたの生活を一緒に考え、
あなたの将来をサポートします。

見守り契約

あなたの将来に備えて「見守り契約」(任意後見制度の利用方法)も結びましょう。
時々あなたと連絡を取りサポートの必要性を確認して任意後見監督人選任の
タイミングを計ります。

死後の事務委任契約

あなたの将来に備え「死後事務委任契約」も結びましょう。
病院の最後の清算や葬儀のこと、死亡に伴う各種届出などを頼んでおけます。

遺言書の作成

あなたの将来に備えて「遺言書」を作成しましょう。
最期のあなたの思いを実現できるよう法的アドバイス、サポートします。
残された親族に遺言書で自分の意思を伝えましょう。

成年後見開始申立

子供の将来に備えて、子どものための成年後見開始の申立をしましょう。
知的障害をもつ子供が安心して生きられるように、子どもを支援する方を決めておきます。
あなたが元気なうちは、あなた自身が成年後見人になっておくのもいいでしょう。

お問い合わせ

ページトップへ