成年後見実践セミナー修了試験 練習問題2

次の設問について〇☓で答えてください。

1.成年後見人と被後見人(以下「本人」という)が同じ相続人の立場にある場合、後見監督人がいれば、その監督人を本人の代理として遺産分割協議に参加させることが出来る。

2.法定後見制度は、原則として精神上の障害により判断能力が不十分な者を対象とするものであり、身体に障害があるため一人では十分に財産管理等の行為を行うことができない者でも、判断能力が十分にあれば対象とならない。

3.未成年者であっても、遺言により後見人に指定されたときは後見人になる。

4.成年後見人は、成年被後見人が成年後見人の同意を得ずに行った行為について、日用品の購入その他日常生活に関する行為においても、取り消すことが出来る。

5.後見開始の審判は本人が請求することはできないが、保佐開始の審判は本人も請求することができる。


解答
1.〇 2.〇 3.☓ 4.☓ 5.☓
カテゴリー: 新着情報   パーマリンク