成年後見実践セミナー「修了認定試験練習問題№22」

○×問題
「被保佐人(以下「本人」という)が、保佐人の同意なしに相続の放棄など民法に定める財産上の重要な行為を行った場合には、本人または保佐人はその行為を取り消すことができる。」

解答:○

※10日・11日は、当センター休業日の為、練習問題の更新はお休みします。

カテゴリー: 新着情報   パーマリンク